自分のブログ名

おどるcolonちゃん。

S状結腸癌 両肺 骨 副腎転移

十角館とか3回読んだけど

いまいち  そこまでの絶賛が解らず

かなり前になりますが 私の理解が及ばないのかと 一度読んだ後 追加で読み直し

どうしても行き着く先は あれがあれだったってだけで トリックは解らないけど犯人は何となく判る

別に引っかかりもなく2度とも普通

だけど どうしても面白いベスト3に入ってくる理由や「できるなら記憶を消して もう一度読みたい」とかの高評価レビュー・・

 

どこがどうなの?それを知りたくて 更に新装版というの?を買って読んでみた次第です ((これで同じ本を3冊買ったことになる)

そしたら その一行というのが

あぁー やっと解りました 少し間を置き考えたら すんごく面白かった

 

かなり前のことなので忘れたものもある中で さらりと騙してくれたのが 本では『ハサミ男

占星術殺人事件』は難解だけど面白かった 以前も言ったけど『容疑者xの献身』のトリックが似てると思った

こちらも上位ではあるけれど イニシエーションラブとか葉桜とか… 私は全く楽しめなかった 恋愛ものは苦手です…

小さい頃から両親の好きだった 松本清張とかコナンドイルとか 意味も解らず読んでいくうちに推理小説好きになってたのね

 

映画では ソウの1と『エスター』『エンゼルハート』

後味悪いとか言われてるけど ただただ面白かった『セブン』

シックスセンスは最初のほうに移る あるアイテムで何となく気付いた でも物悲しく良い映画でウルウルした お身内と2回観た

それと『ユージュアルサスペクツ』あれもあの有名なジャケットからトリックが判っちゃいました  でも私は好きな映画ではなかった

ほとんど噂の上位は観たと思う

 

エスターやソウ1 みたいに また斬新な罠にハマってみたいと思い 本や映像を探しています ((のちのソウは徐々にグロくなりすぎて あの えっ?みたいな驚愕ブルが無くなっていき止めた けど殆ど観たような)

 

今 読んでいるのはカミュの『ペスト』と『護られなかった者たちへ』

ミステリーは1つ外来にも持って行くし どんなときも絶対読んでる