自分のブログ名

おどるcolonちゃん。

S状結腸癌 両肺 骨 副腎転移

丸山ワクチンと変わらない日々

f:id:o2log:20210604095226j:plain

医科大に持参する(郵送可)書類です (ボケちゃった

今回カリウムが低く 主治医は気になっていたようです

通常の野菜や果物で充分補えているはずだから特に心配みたい

 

一方のワクチンの間接医は 診断で私の普通の人と変わらないという健康状態に

「癌のことを考えるなら抗がん剤の時くらいにして あとは忘れるんだよ」と言います

とにかく気分が落ち込むようなことは避け 家族と楽しく過ごすこと

そう言って 私の足をポンポンしながら「頑張って!」とニコニコする 毎回

主治医はラブだけど こちらの主治医も凄く優しく 病院へ行くのが楽しみで たまにクッキーとか持っていく 甘いものが大好きなんだって

 

昨日は犬もワクチンでした

いつもは往診の先生にお願いしていたのですが(猫と犬)ウイルスで訪問が一時中止 その間 近くの病院で保護猫ちゃんは手術を受けたけど…急変し亡くなる

往診なら点滴で体力を失うこともなく もしかしたら元気で今もそばに居たかも そんなことを考えちゃうので あの病院の通りは未だ通れない

適切な処置だったのかもしれないけど 元気になりますと言われ受けた手術を酷く後悔している

何を言ってもどうせ猫は生き返らないから せめてあの場所は封印したい

なので MRIもある大きな動物病院を探した

医師も看護師さんも たくさん居る 予約制だけど日曜も混み 来ていた患者さん(犬)もご家族もマナーを守りキチンとしている 今度からはそこにしよう

担当の医師は家の犬の耳の匂いを何度もかぎ 丁寧に触診してくださった

 

f:id:o2log:20210520213828j:plain

↑ もう2歳なのに 柔らかい物に吸い付く習慣が治らず 私のパーカーをおしゃぶり 上目遣いに私たちの機嫌を伺ってるとこ

 

最近ハマってる「ホームランド

f:id:o2log:20210607100308j:plain

女優さんも男優さんもタイプではないのですが 回が増すごとに重なる罠

あっけなく騙され 慎重に観ないと理解できなくなる 久しぶりに本格的真面目ドラマに出会えた

何が正しいかなんて必要なく 全ては綺麗事

いつも思う 私が居るこの場所だって かつて多くの血が流れ そんなこと考えもせず生きてるじゃん

権力は二番目じゃダメなんです