自分のブログ名

おどるcolonちゃん。

S状結腸癌 両肺 骨 副腎転移

抗がん剤とグレープフルーツの関係をちょっと

2012年8月7日

グレープフルーツジュースを1日コップ1杯併用することにより単剤の場合の3倍以上に匹敵する効果が得られることが最新の臨床試験で示された。グレープフルーツジュースと併用することで、薬剤を高用量で投与した場合による副作用を回避し、また薬剤の医療費抑制に役立つ可能性があるシカゴ大学病院の研究者らは、癌治療用薬剤の取込み及び消失に対する食物の影響を研究している。Clinica Cancer Research誌8月号で発表された試験で同研究者らは、1日8オンス(約250mL)のグレープフルーツジュースを飲用することで、シロリムス(sirolimus:免疫抑制剤抗癌剤テムシロリムスの類似化合物、日本未承認)の代謝を遅延させることを示した。シロリムスは、移植手術患者への適応薬であるが、多くの癌患者に対しても有用な可能性がある。

1日8オンスのグレープフルーツジュースを飲用する患者では、シロリムスの血中濃度が350%も増加した。また、薬物代謝の遅延を引き起こすケトコナゾールについても、シロリムス血中濃度を500%増加させることが示されている。

「グレープフルーツ、またはグレープフルーツと同様の作用をする薬剤(ケトコナゾールなど)は、他の薬(シロリムスなど)の血中濃度を顕著に上げる可能性があります」と述べたのは、本試験の責任者であるEzra Cohen医師、シカゴ大学病院の癌専門医である。「しかし、グレープフルーツジュースによる薬物血中濃度上昇は過剰投与になりかねないと長い間考えられています。そこでその変わりに、われわれはグレープフルーツジュースをコントロールした状態で、シロリムスの生物学的利用能及び有効性を増大させる可能性を確認することを目的としました。」
このグレープフルーツジュースの薬理学的な特性は、シロリムス及びその他の数種類の薬剤の分解に関与する腸内酵素の抑制作用によるものである。この作用が見られるのは、本研究者らが言う「グレープフルーツジュース投与」から数時間以内である。「この作用は数日間かけて徐々に減退して行きます」。

Cohen医師の研究班は、シロリムスを用いて3つの試験を同時に実施する第1相試験を設定した。試験患者はシロリムス単剤投与、シロリムス+ケトコナゾール併用投与、又はシロリムス+グレープフルーツジュース併用投与を受けた。試験では、難治性で有効な治療法のない癌患者138人を組み入れた。

シロリムス単剤投与群患者は本剤の投与を低用量で開始したが、各状態で目標となる薬剤血中濃度に到達するのに必要な用量を確認するため、試験の進行とともに徐々に投与量を増量し、そのため副作用を最小限に抑え最大の抗癌作用を得た。

シロリムス投与患者で癌に対して奏効を示す至適用量は約90mg/週であった。ただし、45mg以上の用量では、吐き気や下痢などの重篤な胃腸障害が認められたため、シロリムス単剤投与群の患者では投与量を45mg/週2回に切り替えた。

他2群での至適用量は非常に低かった。シロリムス+ケトコナゾール投与群の患者で、血中濃度を定常状態に保つために必要とした用量は16mg/週と低用量であった。また、シロリムス+グレープフルーツジュース投与群ではシロリムス25~35mg/週であった。

「これは癌の試験では初めて薬物-食物間相互作用を利用した試験である」と論文に述べられている。

本試験ではいずれの患者も完全奏効を示さなかったが、この3試験の約30%の患者では病勢安定が示されたことから、この間は進行が認められなかった期間であることが示された。また、グレープフルーツジュース投与群の患者1人で有意な腫瘍収縮が部分奏効として認められ、3年以上持続した。

ケトコナゾールでは薬剤滞留の作用が若干強く認められたが、グレープフルーツジュースのほうが有益であり、毒性及び過剰投与のリスクがない。また論文では「このため、われわれにとって自由に利用できる作用物質であり、生物学的利用能(本試験では約350%)を顕著に増加させ、また現在の状況では重要なこととなるが、CYP450酵素による代謝を受ける多くの薬剤にかかる処方費を減らすものである」と記述している。

シロリムスは最初に開発されたmTOR阻害剤のひとつであり、元来は移植手術による臓器の拒絶反応を予防する目的で開発されが、抗癌作用も認められた。この種類では最初の医薬品であることから最初に特許が切れた医薬品でもあるため、費用も安くなる。論文では「医療費の更なる削減が、シロリムスと代謝を抑制する作用物質を併用することで実現可能となる」と記述している。

シロリムスを分解する酵素の産生量は個人で異なることから、グレープフルーツジュースの作用も異なる可能性があるが、酵素量の検査によりそれぞれの患者の反応を予測することが可能と考えられる。

グレープフルーツジュースの作用のばらつき自体が、シロリムス分解酵素量のばらつきよりもかなり大きい可能性がある」とCohen医師は述べた。本試験の予備試験では缶詰のグレープフルーツジュースを用いたが、これはシカゴを拠点とする食料品店チェーン会社より寛大に寄付されたものであった。しかし、この缶詰の検査から有効成分が検出されなかった。そのため、フロリダ州政府柑橘局が提供した冷凍濃縮品に切り替えた。

本試験は、米国国立衛生研究所(NIH)の支援を受けており、製薬会社からの支援は受けていない。用量設定試験は、特に薬価が確定した承認薬について推奨用量を低くする試験成績となる場合、製薬会社にとって、「必ずしも有利になるものではない」と論文では述べている。

 

先日グレープフルーツのことをコメントいただき 改めて調べると

上記のような場合もあり また私の使用中のカンプト(イリノテカン)はグレープフルーツとの相性は良くはなく飲食は避けたほうがいいみたいです セロリやパセリなんてケールと一緒に毎日飲んでるがな…

柑橘類 = 夏ミカン・ダイダイ・サワーオレンジ・ブンタンザボン)絹皮(安藤みかん)・スウィーティー・ハッサク・晩白柚・金柑・ライムなど

柑橘系以外の食品 = パセリ・セロリ・ミツバ・イチジク・ざくろなど

 

ただ温州みかん・カボス・バレンシアオレンジ・マンダリンオレンジ・ネーブル日向夏・レモン・ゆず・リンゴ・ブドウ・などでは効果を増強しない可能性が高いといわれている

グレープフルーツジュースと相互作用の理由

薬は胃の中で崩壊し、有効成分が消化液に溶け出します。そして溶け出した薬は、食事中の栄養素と同じように、小腸から吸収されます。最終的に小腸で吸収された薬剤は、肝臓を通過してから全身に到達します。

肝臓では必ず一定量を便や尿として排泄しやすい形に変換します(これを分解と表現されます)。従って肝臓で分解する量を考慮して薬の効果が残るように用量を設計して決められています。もし分解する量が減れば、薬の血液濃度は上昇し効果が強く出てしまいますよね。

分解は肝臓以外でも行われており、小腸の細胞内部で分解を行っております。分解するために機能する代謝酵素CYP3A4は、グレープフルーツ由来の成分で機能が抑えられてしまいます。代謝酵素CYP3A4で分解される薬の場合には、グレープフルーツ由来の成分によって分解量が減少することで吸収量が増加し、その結果、薬の効き目が強まり、副作用のリスクが高まります。

 

f:id:o2log:20210408152948p:plain

60

2021/02/25 腎移植希望する方へ薬剤関連(西宮病院) 
59 2021/02/04 スポーツとくすり(加古川医療センター) 
58 2020/12/01 化学療法による主な副作用と発現時期(県立病院共通パンフレット)
57 2020/12/01 抗がん剤について(県立病院共通パンフレット)
56 2020/12/01 血圧を下げる薬について(県立病院共通パンフレット)
55 2020/12/01 気管支喘息の薬について(県立病院共通パンフレット)
54 2020/12/01 脂質異常症(高脂血症)の薬について(県立病院共通パンフレット)
53 2020/12/01 インスリン注射液の正しい取り扱い方(県立病院共通パンフレット)
52 2020/12/01 坐薬の正しい使い方(県立病院共通パンフレット)
51 2020/12/01 薬の正しい飲み方(県立病院共通パンフレット)
50 2020/12/01 目薬の正しい使い方(県立病院共通パンフレット)
49 2020/12/01 赤ちゃんへの薬の与え方(県立病院共通パンフレット)
48 2020/12/01 薬の正しい保存方法(県立病院共通パンフレット)
47 2020/12/01 薬の正しい服用時間(県立病院共通パンフレット)
46 2020/11/11 狭心症・心筋梗塞パンフレット(尼崎総合医療センター)
45 2020/11/11 心房細動パンフレット(尼崎総合医療センター)
44 2020/11/11 心不全パンフレット(尼崎総合医療センター)
43 2020/11/11 成人抗がん剤曝露対策パンフレット(尼崎総合医療センター)
42 2020/11/11 小児抗がん剤曝露対策パンフレット(尼崎総合医療センター)
41 2020/11/11 お薬とグレープフルーツの相互作用(尼崎総合医療センター)
40 2020/11/11 ベプシドカプセルを溶解して服用する方法(こども病院)
39 2020/11/11 テモゾロミド錠を溶解して服用する方法(こども病院)
38 2020/11/11 血液腫瘍内科の初回指導箋(こども病院)
37 2020/11/11 外来化学療法を受けられる患者様へ(こども病院)
36 2020/11/11 院外処方箋の説明パンフレット(こども病院)
35 2020/11/11 斜視OPE患者様用説明書(カロナール錠 ver.)(こども病院)
34 2020/11/11 斜視OPE患者様用説明書(カロナール散 ver.)(こども病院)
33 2020/11/11 ホルモン療法について-乳がん編-(がんセンター)
32 2020/11/11 漢方とがん治療(がんセンター)
31 2020/11/11 分子標的薬についてNo.4(がんセンター)
30 2020/11/11 分子標的薬についてNo.3(がんセンター)
29 2020/11/11 分子標的薬についてNo.2(がんセンター)
28 2020/11/11 分子標的薬についてNo.1(がんセンター)
27 2020/11/11 初期症状が重要な副作用についてNo.5(がんセンター)
26 2020/11/11 初期症状が重要な副作用についてNo.4(がんセンター)
25 2020/11/11 初期症状が重要な副作用についてNo.3(がんセンター)
24 2020/11/11 初期症状が重要な副作用についてNo.2(がんセンター)
23 2020/11/11 初期症状が重要な副作用についてNo.1(がんセンター)
22 2019/09/10 抗がん剤副作用NO5(末梢神経障害)(がんセンター)
21 2019/09/10 抗がん剤副作用NO4(皮膚障害・脱毛)(がんセンター)
20 2019/09/10 抗がん剤副作用NO3(口内炎・下痢・便秘)(がんセンター)
19 2019/09/10 抗がん剤副作用NO2(悪心・嘔吐)(がんセンター)
18 2019/09/10 抗がん剤副作用NO1(骨髄抑制)(がんセンター)
17 2019/09/10 がんの痛みと痛み止めについてNo3(がんセンター)
16 2019/09/10 がんの痛みと痛み止めについてNo2(がんセンター)
15 2019/09/10 がんの痛みと痛み止めについてNo1(がんセンター)
14 2019/01/16 安心してお薬を服用していただくために(こころの医療センター)
13 2018/02/01 睡眠薬・抗不安薬をご使用中の患者様へ(こころの医療センター)
12 2017/11/12 院外処方せんの検査値等の表示について(柏原病院f)
11 2017/05/16  ジェネリック医薬品リーフレット(柏原病院)
10 2017/05/16 お薬手帳リーフレット(柏原病院) 
9 2017/02/14 点眼薬の正しい使い方(淡路医療センター)
8 2016/08/19 薬剤部だより<がん免疫療法>(がんセンター)s74.pdf へのリンク
7 2015/09/01 乳がん 術後内分泌療法(がんセンター)
6 2015/06/30 お薬手帳・お薬持参リーフレット(入院配布用)(淡路医療センター). 
5 2015/06/30 お薬手帳持参リーフレット(外来配布用)(淡路医療センター)
4 2014/01/26 吐き気やおう吐の副作用について(淡路)
3 2014/01/26 TS-1+高用量CDDP療法説明書(淡路)
2 2013/03/24 お薬の上手な与え方(こども病院)
1 2011/12/25 .がんペプチドワクチン療法(がんセンター)

 

46 2021/01/09  心臓リハビリテーション指導士試験対策 薬理学 (姫路循環器病センター) 
45 2020/11/11 心不全患者向け医療用麻薬パンフレット(姫路循環器病センター)
44 2020/11/11 糖尿病教室資料(尼崎総合医療センター)
43 2020/11/11 心臓病教室スライド(尼崎総合医療センター)
42 2020/11/11 腎臓病教室スライド 腎不全の薬(透析導入を遅らせる薬)(西宮病院)
41 2020/11/11 腎臓病教室スライド 腎障害時における血糖降下剤の注意点(西宮病院)
40 2020/11/11 腎臓病教室スライド 基本的な薬の飲み方②【血圧を下げる薬、脂質異常症の薬を中心に】(西宮病院)
39 2020/11/11 腎臓病教室スライド 基本的な薬の飲み方①【一般的な注意事項を中心に】(西宮病院)
38 2020/11/11 糖尿病教室(西宮病院)
37 2020/11/11 心臓病と薬~心筋梗塞、狭心症編~(加古川医療センター)
36 2020/11/11 糖尿病の薬物治療について(加古川医療センター)
35 2020/11/11 自己注射手技チェックシート(加古川医療センター)
34 2020/11/11 糖尿病お薬クイズ+解説(加古川医療センター)
33 2020/11/11 腎臓病教室・知っとこ!自分のくすり(小学校低学年向け)(こども病院)
32 2020/11/11 腎臓病教室・知っとこ!自分のくすり(中学生向け)(こども病院)
31 2020/11/11 心リハ教室スライド(姫路循環器病センター)
30 2020/11/11 外来患者用糖尿病教室スライド(姫路循環器病センター)
29 2020/11/11 入院患者用糖尿病教室スライド(姫路循環器病センター)
28 2020/11/11 心臓リハビリ教室チェックシート(姫路循環器病センター)
27 2020/03/05 アルコール教室患者資料(ひょうごこころの医療センター)
26 2020/03/05 心リハ教室振り返りクイズ(姫路循環器病センター)
25 2020/03/05 骨粗鬆症教室(加古川医療センター)
24 2020/03/05 糖尿病教育入院 内服薬カード(姫路循環器病センター)
23 2020/03/05 DAPT 心リハ室掲示ポスター(姫路循環器病センター)
22 2020/03/05 スタチン 心リハ室掲示ポスター(姫路循環器病センター)
21 2020/03/05 心保護 心リハ室掲示ポスター(姫路循環器病センター)
20 2020/03/05 薬と食品 心リハ室掲示ポスター(姫路循環器病センター)
19 2019/12/23 糖尿病教室スライド(丹波医療センター)
18 2019/12/23 腎臓病教室・知っとこ!自分のくすり(こども病院)
17 2019/02/01 肝臓病教室・薬物性肝障害って?(加古川医療センター)
16 2019/02/01 肝臓病教室・放っておいたら、あ肝!肝臓病の治療(加古川医療センター)
15 2019/02/01 肝臓病教室・自己免疫性肝炎・原発性胆汁性胆肝炎薬物治療(加古川医療センター)
14 2019/02/01 肝臓病教室・肝硬変に使うお薬について(加古川医療センター)
13 2019/02/01 肝臓病教室・C型肝炎と薬物治療(加古川医療センター)
12 2019/02/01 リウマチ教室・関節リウマチの治療薬について(加古川医療センター)
11 2019/01/16 糖尿病教室スライド(淡路医療センター)
10 2018/09/28 糖尿病教室スライド(外来)(姫路循環器病センター)
9 2018/09/28 糖尿病教室スライド(入院)(姫路循環器病センター)
8 2018/09/28 腎臓病教室 知っとこ!自分のくすり(こども病院)
7 2018/04/04 当院における緩和ケア薬物療法における薬剤師の役割(西宮病院)   
6 2018/04/04 心リハ教室スライド(淡路医療センター).
5 2017/02/14 生活習慣病教室(動脈硬化を予防する生活のポイント薬剤編)(加古川医療センター)
4 2016/11/25 腎臓内科教室・IgA腎症(こども病院)
3 2016/07/01 糖尿病教室資料(インスリンカード)(姫路循環器病センター)
2 2015/12/11 腎臓内科教室・小児ネフローゼ症候群(こども病院)
1 2015/01/30  乳がんの薬物療法 ~副作用とその対処方法~(がんセンター)