自分のブログ名

おどるcolonちゃん。

S状結腸癌 両肺 骨 副腎転移

肝臓を徹底的に改善させたいのです‥

食事や丸山さんは補助としての成果を私は実感しています 

黄疸をおこす原因になるのがビリルビンという物質
ビリルビンは肝臓の状態を示す重要な指標の1つで この数値が高いと肝機能が低下していることを示す

体には大量の血液が流れている
この血液が赤い色をしているのは血液に含まれる赤血球中の色素【ヘモグロビン】が酸素と結びついているから
赤血球も1つの細胞なので寿命があり およそ120日経つと脾臓で分解される
このときヘモグロビンも一緒に分解され【ビリルビン】が生じ 通常は老廃物として体外に排出される


間接型ビリルビン(I-Bil)
ヘモグロビンは脾臓で分解されると【ヘム】とたんぱく質である【グロビン】になり ヘムはさらに酵素の働きで【ビリルビン】に変化する
これを【間接型ビリルビン(非抱合型ビリルビン)】と呼ぶ
間接型ビリルビンはオレンジ色をした水に溶けない物質で このままだと脾臓の外へ運び出すことができない
そこで【アルブミン】というたんぱく質と結合し肝臓へと送られていく
直接型ビリルビン(D-Bil)
肝臓へ運ばれたビリルビンは再び酵素の作用(グルクロン酸抱合)により【直接型ビリルビン(抱合型ビリルビン)】に変化する
直接型ビリルビンは水に溶ける物質で一部は血液中に排出され尿になるものもあるが 多くは胆汁として小腸へ分泌され脂肪の消化を行う
のちに大腸まで達すると腸内細菌の代謝を受け 最終的には大便として排出される
大便の茶色はビリルビンによるもの

 

肝臓のビリルビンに対する役割
【総ビリルビン】とは肝臓で処理される前の【間接型ビリルビン】と 処理された後の【直接型ビリルビン】の2種類をあわせたもの
血液検査では総ビリルビン値と直接型ビリルビン値を測り間接型ビリルビン値はこの2つの数値の差から計算し求める

 

高くなる原因

正常なら脾臓で生じたビリルビンは速やかに肝臓に運ばれ ほとんどが胆汁になるため血液中に存在する量はわずか
しかし血液中のビリルビン量が増えているということはビリルビンを適切に処理できないような原因が肝臓にあり機能が低下しているということになる
またビリルビンの排出先である胆道や胆管に異常がある可能性もある
ビリルビン検査の結果 問題となるのは基準値よりも高い場合で基準値を下回っても特に問題ではない
しかし鉄欠乏性貧血などが原因となり低値を示す場合がある
このビリルビン検査は血液中のビリルビンを調べたもの(血清ビリルビン検査)で他に尿に含まれるビリルビンを調べる検査(尿ビリルビン検査)もあり それぞれ基準値が異なるので注意

 

検査でわかることと疑われる病気

ビリルビン値が基準値より高い場合 まず疑われるのは肝臓 胆道 胆管の異常
内訳の【直接型ビリルビン】と【間接型ビリルビン】の数値からどちらがより上昇しているかにより異常の部位や疑われる病気を絞り込むことができる
肝臓で処理される前の【間接型ビリルビン】が多く上昇していると肝臓以外の部位で異常が起きている可能性も考えられ 肝臓で処理した後の【直接型ビリルビン】の方が上昇しているなら
異常部位は肝臓・胆道・胆管の可能性が高くなる

 

ビリルビンの種類による異常部位と疑われる疾患
異常値を示すビリルビンビリルビン
異常が考えられる部位 → 肝臓 胆道 胆管など
疑われる主な疾患 → 急性肝炎 劇症肝炎 アルコール性肝炎 慢性肝炎の急性増悪期 肝硬変 閉塞性黄疸 胆石 胆汁うっ帯 体質性黄疸など


異常値を示すビリルビン間接型ビリルビン
異常が考えられる部位 → 肝臓 肝臓以外
疑われる主な疾患 → 劇症肝炎 溶血性貧血 甲状腺機能低下症 敗血症 肺梗塞 体質性黄疸 大量内出血など

 

肝炎
肝臓が何らかの原因(アルコール性肝炎の場合はアルコール)により炎症を起こしている状態 これが進行すると肝硬変になる

 

肝硬変
肝炎によって傷ついた細胞が修復を繰り返しているうちに線維化し肝臓全体が硬くなった状態
肝細胞は線維化すると本来の働きができなくなるため肝臓としての機能も低下する
急性肝炎のうち発病当初から症状が急激に進み意識障害などの肝不全症状が出るものを劇症肝炎という(命にかかわる疾患

 

腸閉塞黄疸
肝臓と十二指腸を結ぶ管(胆管)が何らかの原因で閉塞していると胆管閉塞をおこす
肝臓で作られた胆汁が排泄できなくなる病気
これにより胆汁が血液中に逆流してしまうが その結果 胆汁の色の元になっているビリルビンが全身の皮膚や粘膜に沈着してしまう これが【閉塞性黄疸】
ビリルビン値が2〜3㎎/㎗を超えると眼球の白い部分が黄色味を帯びてくる
閉塞性黄疸の原因は肝炎による胆汁うっ帯や胆石などにより胆汁の流れが妨げられている可能性が考えられる
他に遺伝的な要因でビリルビンを体外へ排出しにくくなり黄疸が現れる体質性黄疸もある

下げるにはどうすれば良いのか?
ビリルビン値が高く他の血液検査(AST ALP γ-GTPなど)にも異常が見られれば肝疾患の疑いがかなり強まる

 

肝臓は再生能力が高い組織なので回復も十分に見込める
軽く見て改善策をとらないと肝炎から肝硬変へと進行してしまい回復が難しくなる可能性がある
肝臓をゆっくり休め肝機能が回復するのを待つ
アルコール性肝炎に限らず多くの肝疾患では禁酒が有効な手段
早期発見ができ すぐに禁酒し肝臓の負担を軽くすれば それだけ早く回復する
また十分な睡眠は肝臓での代謝を抑えることができるので肝臓を休めることにつながる
ストレスからおこる肝臓への負荷も軽減できる
肝機能が回復してからも規則正しい生活とバランスの取れた食事を心がけるようにする

 

青魚
アミノ酸 たんぱく質酵素の原料 肝臓の修復
DNA EPA 中性脂肪の減少 脂肪肝の改善 肝臓がんの抑制

しじみ
アミノ酸 たんぱく質酵素の原料 肝臓の修復 オルニチン脂肪肝の改善 二日酔い軽減

牡蠣
アミノ酸 たんぱく質酵素の原料 肝臓の修復
タウリン 解毒の促進
亜鉛 酵素の活性化による肝機能アップ

オリーブ油
オレイン酸 コレステロール低下 脂肪肝の改善 脂質代謝の正常化

うんしゅうみかん
β-クリプトキサンチン 抗酸化作用 ALT値やγ-GTP値の改善

しそ ニンジン ホウレン草 みかんなど
ビタミンA 抗酸化作用

ナッツ類 カボチャ 大豆など
ビタミンE 抗酸化作用

ウコン
クルクミン 抗酸化作用 抗炎症作用

コーヒー
クロロゲン酸 抗酸化作用

ブロッコリースプラウト
グルタチオン スルフォラファン 抗酸化作用

キノコ類 海藻類 ゴボウ 大豆など
食物繊維 肝臓の負担軽減

乳酸菌
乳酸菌生産物質 脂肪肝の改善

 

魚貝類

魚はたんぱく質の宝庫
たんぱく質は分解されてアミノ酸となり肝臓で様々なたんぱく質酵素に合成されるほか傷ついた肝臓を修復する材料となる栄養素
肝機能が低下している人は良質なたんぱく質を多く摂るように
肉類と一緒に摂取してしまいがちな“脂質”は肝臓に良くない
魚は肉類よりも良質なたんぱく質に富んでおり脂肪も少ないのでたんぱく質の補給に良い
特にイワシ サンマ アジなどの青魚に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)は中性脂肪を分解し DHA(ドコサヘキサエン酸)は肝臓の働きを活性化し中性脂肪を体外に排出するよう働きかける
EPADHAが肝臓がんの発生を抑えることもわかってきた
脂肪肝は進行すると肝臓がんを発症する可能性がある恐ろしい疾患なので脂肪肝やその予備軍はメイン料理として青魚を積極的に摂り入れるといい
できるだけ脂質の摂取を抑えたんぱく質アミノ酸を補給したい場合は貝類が良い

貝類は脂質が少なく体に必要なアミノ酸バランスに優れた食材
中でもシジミや牡蠣が優秀

しじみアミノ酸バランスは牛肉と同等で肝機能をサポートするオルニチンも豊富
牡蠣に含まれるタウリンは胆汁の分泌を促進してくれ 亜鉛酵素の活性を高める

 

食用油

肝臓は脂質の代謝にも関わっているので油っぽいものを摂ることは肝臓の負担を増す結果になる
摂りすぎれば脂肪肝になる可能性が格段に高まる

普通の食事をしていれば必要量は摂取できる

肝臓に良い油は“不飽和脂肪酸”で青魚に含まれるEPADHAも“オメガ3脂肪酸”という不飽和脂肪酸の一種

油は“飽和脂肪酸”と“不飽和脂肪酸”の2種類に分けられる

飽和脂肪酸は化学的に安定した状態になっている油なので分解が大変だが不飽和脂肪酸は不安定な状態なので分解が比較的容易

 

市販の食用油は原料により含まれる脂肪酸の種類や構成が異なっている
できるだけ不飽和脂肪酸が多い油を選べば肝臓にも良い

“α-リノレン酸”や“オレイン酸

α-リノレン酸を多く含む油は“エゴマ油(シソ油)”

オレイン酸を多く含む油は“ツバキ油”“オリーブ油”“コメ油”など

 

不飽和脂肪酸が肝臓に良い理由は脂質の代謝を正常化したり悪玉コレステロールの摂取を抑えたり肝臓の負担を軽くするから

 

植物性食材(野菜・果物・種子など)

 

肝機能に良い栄養素

活性酸素

侵入してきた細菌やウイルスを強力な酸化力によって殺菌したり化学反応を起こさせたりする大切な役割を持っている

しかし大量に発生すると強い酸化力により細胞を傷つけてしまうこともある
特に肝臓は多くの反応が起こる器官なので細胞の酸化が生じやすい部位でもあり 肝炎や肝硬変など様々な肝疾患を引き起こす原因になってしまう

これを取り除いてくれるのが“抗酸化物質”で

ビタミン類

ビタミンAを多く含むもの
しそ、モロヘイヤ、ニンジン、ホウレン草、春菊、柿、うんしゅうみかん、ドライプルーン、バナナなど

 

ビタミンEを多く含むもの
アーモンド・ピーナッツなどのナッツ類、ゴマ、カボチャ、赤ピーマン、大豆、枝豆、ホウレン草、モヤシ、シソ、カブや大根の葉、茶など

 

特にビタミンAの仲間である“β-クリプトキサンチン”には肝機能検査の指標となるALT値やγ-GTP値を改善することが報告されている

β-クリプトキサンチンは“うんしゅうみかん(一般的なみかん)”に多く含まれており 同じく抗酸化作用を持つ“ビタミンC”も一緒に補給できる

 

植物由来のビタミンAは体内に摂り込まれてからビタミンAに合成されるため足りているときは過剰分としてそのまま排出される

肝機能が低下しているとビタミンの代謝効率が悪くなり不足しがちになる

肝機能が低下しているときは普段よりも多めに植物性の食材を摂取するように

 

なおビタミンCも強力な抗酸化物質で大事な栄養素だが すでにC型肝炎や肝硬変などの肝疾患がある人には害となる場合がある
その他の抗酸化物質

ビタミン以外の抗酸化物質として他“ポリフェノール”がある

ポリフェノールは特定の分子構造を持った植物成分の総称で、5000種類以上ある
中でも肝機能の改善に対して効果が確認されているのはウコンに含まれる“クルクミン”やコーヒーの“クロロゲン酸”コリーの“グルタチオン”など

 

またブロッコリースプラウトなどに特に多く含まれる“スルフォラファン”は抗酸化力は持たないが抗酸化酵素の生成を促すことによって抗酸化作用を示すという特性を持っている

 

食物繊維

“炭水化物”

これはヒトが消化できる“糖質”と 消化できない“食物繊維”に分けられる

 

含有量の多い食材
食物繊維が豊富な植物性食材
食物繊維を多く含むもの
キノコ類(しいたけ マイタケ きくらげなど)
海藻類(ヒジキ ワカメ 昆布など)
ドライイチジク ゴボウ モロヘイヤ オクラ ブロッコリー カボチャ 春菊 枝豆 大豆など

 

食物繊維は糖質や脂質の吸収を抑え体外に排出する働きを持っている

糖質は脂質よりも脂肪として蓄積されやすいといわれているので吸収を抑えることは脂肪肝の予防にもつながる

キノコ類には食物繊維が豊富なものが多いが特に本シメジには肝臓に良いオルニチンが豊富に含まれている

 

腸内の便が排出されないと腐敗菌が増えアンモニアなどの有害物質が発生する
これらは腸管から血液中に吸収されて体内を巡るので肝臓で解毒する必要が生じる

食物繊維は腸管を刺激して便の排出を促すほか腸内の善玉菌を増やし腐敗菌による有害物質の発生を抑えてくれる

 

乳酸菌

乳酸菌は有害物質を発生させる腐敗菌の生育を抑制し腸内環境を整えてくれる“善玉菌”の仲間
腸内環境が整うことで便秘が改善され これが肝臓にも良い影響を与える他 別の方法でも肝臓の負担を軽減してくれる

「株」というのは同じ菌の中でも さらに別の特徴をもつグループのこと

GCL1176株
この2つの菌株は どちらもカスピ海ヨーグルトを作る“クレモリス菌”
“FC株”はフジッコ社 GCL1176株はカルピス社の市販品『カスピ海ヨーグルト』に使われている

クレモリス菌は健康効果の高い菌で アレルギーの改善や免疫力アップの他 優れた整腸作用を持つことでも知られている

これらの効果はクレモリス菌が生産する独特の粘り成分“EPS”によるものでコレステロールの低減作用や肥満細胞を減少させる効果なども確認されている

BC-90株

整腸作用と併せて脂肪肝の改善や肝機能の負担を軽減できる菌

通称“アルビン菌”と呼ばれるカゼイ菌の菌株

この菌はヒト由来なので多くの人と相性が良いと考えられている

アルビン菌はその菌体成分の有効性が高く生きた状態で摂取するよりも殺菌した状態の方が効果的であることが確認されている

その上アルビン菌が殺菌されるときに産生される多糖体にグルカン フルクタンが含まれており 健康増進に効果があることもわかった

そのため生菌タイプのヨーグルトではなくドリンク剤や医療用の整腸剤などの成分として利用されることが多い菌

腫瘍の縮小 コレステロール値・中性脂肪値の低下 肝臓障害の抑制作用などが確認されている

SBT2055株

通称“ガセリ菌SP株”と呼ばれ 菌株の中で目にする機会が多い株

SP株は雪印メグミルク社の「ナチュレ恵」シリーズで使われている

これに含まれるSP株は非常に優れた乳酸菌で多くの乳酸菌が1週間以内に体外へ排出されてしまうのに対し SP株は90日間もとどまることが確認されている
便秘の改善に効果的な菌株
また血中コレステロールを下げる効果も確認されており 特に内臓脂肪を減らす効果で毎日100g・12週間の摂取で お腹の内臓脂肪面積が平均6c㎡も減少した例もある

 

前述の食物繊維は乳酸菌のエサとなる物質

乳酸菌と併せて食物繊維の摂取を心がけると 相乗効果が期待できる

 

できるだけ無糖・無脂肪タイプを選び甘みを加えるときは控えめにする

 

摂取の注意
肝臓に疾患を抱えている人は摂取しない方が良いものもある
肉・魚介類などはたんぱく質の供給源となるが 反面“鉄”を多く含む食材

鉄は肝臓に貯蔵され 非常に酸化されやすく活性酸素の発生源となる

そのため炎症が起きている肝細胞をさらに悪化させることにつながる

特にC型肝炎や肝硬変などの疾患を抱えている人は 鉄が蓄積されやすい状態になっているので重篤な場合は食事の摂取制限がかかるほど 鉄は肝疾患にとって良くない物質だ

この鉄の吸収を促進する物質に“ビタミンC”がある

柑橘類など果物に多く含まれるので注意

肝臓に良いβ-クリプトキサンチンを多く含む“みかん”もビタミンCを多く含むので 鉄分を多く含む食品を食べたときは避けた方が良い

反対に濃い緑茶に多く含まれる“タンニン”は鉄の吸収を阻害してくれるので積極的に摂るといい

またクルクミンのように服用している薬に影響を与える物