おどるcolonちゃん

colon=大腸 何度か余命を宣告された癌患者です

組織プラスミノーゲン活性化因子

癌のことから暫く離れていました 安定期に入ってると思って

そしたら腫瘍マーカーも上がり始め 両肺にあり 特に右のほうが大きくなってきてるらしい(造影CT)一番怖いのは呼吸器 肝臓手術の前 抗がん剤の副作用で窒息 死にそうになったから(私の場合 癌が腫瘍マーカーと連動しています)

腫瘍マーカーCEAの基準値

1ミリリットルの血液中 5ナノグラム以下とされている

 

癌から外れ新型を調べていて幼児は比較的軽症とあり そうすると免疫系ではないと思いつつ 高齢者は重症化ということで血液凝固なんじゃないかと 溶かす力流す力 だとするとビタミンk

20200703100453

2010年 オックスフォード大学のピーター・ロスウェルらの研究チームによる発表では アスピリンを5年以上服用した人は服用しない人に比べ大腸がんによる死亡率が半分近く減ったことが報告されている

バファリンは一時期処方されていたのですが アスピリン系の副作用として出血や粘膜傷害のリスクが高まるということもあり

血尿が頻回の私はその後主治医に止められています (今は特に痛み止めを必要としていないけど 一応トラムセットとカロナールは入院中に処方され持ってる)

 

コーヒーも良いと思う

実験2時間後の血漿から ELT(ユーグロブリン溶解時間)が21・2%短縮することが認められている

コーヒーを飲むと線溶系が高まることは明らかで 血液循環がよくなることが期待される

活性酸素とコーヒーを一緒に添加すると コーヒーのある種の成分が活性酸素を食べてくれるという考え

コーヒーには抗酸化能力(注3)があり活性酸素を捕捉するから浸潤を抑制するのではないかと考えられる

f:id:o2log:20200703135940j:plain

途中 たぶんまた続き書きます