おどるcolonちゃん

colon=大腸 何度か余命を宣告された癌患者です

退院

今回の入院は叔母にも友人にも誰にも知らせなかった
なんかもうお見舞いも気が引けて
退院後に友人たちからメールがあり報告すると野菜やパジャマ
果物と根菜はまた別の友人が明日送ってくれると言う
  
コロナのこともあり野菜は送るので家に居るように言われる
この優しさに私もお返ししなきゃ

だけどバタバタ
外出禁止というわけにいかず
朝から犬が吐いたとお身内が部屋やソファの除菌をしている
といっても消化のできなかったものを少し吐いただけ
往診の先生は最近大忙なので 朝一で近所の動物病院へ連れて行く
相変わらず家族揃って心配性‥
すぐにエコーとレントゲンをと連れ去られ別室 數十分後 どこにも何もない様子
それでも心配なら更に詳しく 麻酔と造影剤でカメラを入れるって(私 何度経験したかしら‥ なんとなーく凹気分で医師の話を聞いていた
医師が言うには ビビりで ちとズルい性格らしい(散々じゃんemoji
だからその計算しつくした愛らしい仕草に負けないようにと指摘される
まぁきっと私を見下していると言いたいのでしょう
しつけの先生も 私の声に安心と甘えが感じられると柔らか〜く言っていたし

だって
人間より短い命なら 楽しく幸せな記憶だけでいいじゃん?

辛いことなんて 欠片ほども要らないんだよ
私の動物への接し方